RÉSUMÉS DES MÉMOIRES
RÉDIGÉS PAR LES ÉTUDIANTS DES ANNÉES ANTÉRIEURES

2003年
2004年
2005年
2006年

2007 年
2008 年


2003年卒
K. Tomoko
LA DÉCLARATION DES DROITS DE L’HOMME ET DU CITOYEN DE 1789
ET LE CONSEIL CONSTITUTIONNEL
-- Pérennité et actualité de la Déclaration --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p. 
卒論テーマ
フランス人権宣言と憲法院
〜人権宣言の現在性〜
先輩の一言
フランス語の文献は特に読むのにも まとめるのにも時間がかかるので、できるだけ早めに必要な物を見つけて取りかかる方がいいと思いま す。卒論は簡単なものではありませんが、早めに進めていけばそんなに苦しいものでもないと思います。頑張って下さい。
2003年卒
M. Megumi
SUR L’IMPACT DES PROGRAMMES D’AJUSTEMENT STRUCTUREL
DANS LES SECTEURS DU CAFÉ ET DU CACAO EN CÔTE D’IVOIRE
-- Les programmes d’ajustement structurel ont-ils profité à la Côte d’Ivoire ? --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p. 
卒論テーマ
コートジボワルにおける構造調 整計画がココア・コーヒー農業に与えた影響について
〜構造調整計画はコートジボワルを豊かにしえたか〜
先輩の一言
論理の流れをどのように構成するか がとても難しく、考えれば考えるほど変更したくなりました。論理の流れをしっかり頭の中で考えてい ないと、最後に出来上がった時にそれがうまくまとまっていなかったりしました。それから、卒論を書いていると範囲がどんどん広がってくるので、テーマと結 論が乖離しない様に書きたいことが多いからといってもいろんな分野に手を出さない方がいいと思いました。学生時代の締めくくりとしてよい物を残したいとい う方はできるだけ早めにテーマを絞り出して資料など調べたほうがよいと思います。頑張って下さい。
2003年卒
O. Aya
LES STRUCTURES FAMILIALES VUES DEPUIS LES ÉVOLUTIONS DE LA SOCIÉTÉ
-- Mariage, divorce et mères-célibataires --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p. 
卒論テーマ
社会の変容から見る家族の形
〜結婚・離婚・シングルマザー〜
先輩の一言
大学生活はあっという間に過ぎてし まい、もっとまじめにフランス語の勉強をしておけばよかったなと思っています。フランス語学科にい たことを証明できるくらいの語学力をつけれるように頑張って下さい。卒論のほうは、たくさんの資料さえ集めることができれば書くこと自体は楽なので、少し ずつ集めていくといいと思います。大学生活にしか長期の休みは取れないので、今しかできないことを思う存分やって自分の時間を有意義に過ごしてください ね。
2003年卒
S. Yuka
LES ÉVOLUTIONS DES POLITIQUES D’URBANISME À PARIS
-- L’urbanisme parisien comme mode de représentation du pouvoir --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p. 
卒論テーマ
パリ都市計画の変遷
〜権力表象の場としてのパリ〜
先輩の一言
就職活動中は、時間はないことはな いのですが、気持ちの余裕がなくて卒論に取り組めませんでした。就職活動が終わってから、本を少し ずつ読み始め、はじめはそのテーマに関する一般知識を大まかに得てから、どの部分を詳しく調べるのかなどを考え、プランを作っていきました。これをもっと 早い段階(就活前)にやっておけばもっと深いことまで調べられたかもしれません。プランを10月頃には決めて、そのあとは少しずつ資料を探してまとめてい ました。調べている時は、テーマとは少しずれるいろんなおもしろいことがたくさんでてきて困りましたが、一番はじめに卒論の流れや目次、結論などのプラン をしっかり決めていたので、あまり横道にそれることなく、調べたり書いたりするのはスムーズにできました。(調べるのには実質1,2ヶ月、書くのは2週間 ぐらいしかかかってません・・・。)しっかりとプランを立てて、卒論の流れを大まかに作っておくことが一番大切だと思います。(本当に先生の言うとおりで した!)11月、12月になって卒論を書き始めたとき、このありがたさが本当に身にしみます。途中で論点がずれていって、結局言いたいことが全然ずれてし まったという友達もいます。調べていくうちにたくさんでてくるおもしろいことを追求していくことが本当の学問だとは思うのですが、短い期間で卒論という形 に仕上げなければならないので、ある程度は割り切って進めていかなければいけないと思います。私のテーマに関しては、欲しい資料があまりなく、しかも本末 の参考文献から資料を探していくという調べ方ができませんでした。都市計画の変遷というテーマ上、広く浅くになってしまうのは仕方なかったかなとは思うの で、少しテーマが広すぎたかなと思います。もっと狭い範囲で、一つの出来事や仕組みに焦点を絞って調べたなら、もっと次から次へと資料を見つけ、深い知識 を得ることができたかもしれません。とにかく、私が一番言いたいのは流れをしっかり作ることです。ある程度、どのような結論に持っていくかを前もって決め ておくと、スムーズに進められると思います。そして、ある程度資料のあるテーマを選びましょう。本当に、資料がない、またはあってもフランス語のみとか じゃかなりきついと思います。それでもどうしてもこれ!!って思える人ならきっと大丈夫?だと思います。頑張ってください。
2003年卒
S. Naoko
BÉNÉVOLAT ET PHILANTHROPIE D’ENTREPRISE EN FRANCE ET AU JAPON
-- propositions pour un renforcement de ces actions --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p. 
卒論テーマ
日本とフランスにおけるボラン ティア活動と企業の社会貢献
〜活性化への提言〜
先輩の一言
@参考文献は早めに準備をして、な るべく多く読もう!→私は夏にパリで役立つ参考文献を手に入れましたが、実際に読み始めるのが10 月に入ってからだったので、大雑把にしか読めませんでした。フランス語の文献を読む方は、特に早めに取り掛かりましょう。あと、企業や公的機関に資料を請 求した後は、必ずお礼のメールや手紙を忘れずに!
A『目次作り』はやっぱり大切!→自分の考えを体系的にまとめる作業は、本当に大変ですがこれにきちんと取り組むことで、とっても書きやすかったです。 『問題提起』から『自分の伝えたいポイント』まで、誰が読んでも分かりやすく、キレイな流れになるよう心がけてくださいね☆
2003年卒
U. Fumihiko
RÉFLEXIONS SUR L’EFFONDREMENT DE LA IVème RÉPUBLIQUE (1946-1958)
-- Évolution des partis structurés et analyse de leur échec à rénover le régime --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p. 
卒論テーマ
フランス第四共和制崩壊のプロ ムナード
〜制度の改革に失敗した組織政党の動向と分析〜
先輩の一言
後輩の皆さんへ〜フランス学科もい よいよ留学制度が整ってきました。今後、フランス語を真剣に学びたい人は、フランス学科の留学制度 を使って、積極的な行動をしてほしいと思います。今なんとなくフランス語を学んでいる人もたくさんいるのではないでしょうか?なぜフランス語学科に入って しまったのか?と感じている人もいるかも知れません。そんな人は一度フランスへ行って見てください。きっとフランスはあなたにとって魅力的であり、あなた のなかでフランス語とどのように向き合うことができるか、フランス語を学ぶ明確な目標を見つけることができると思います。私自身もそのようにしてフランス 語と真剣に向き合うことができるようになったと思います。 しかしながら、フランス語という言語にこだわる必要はないと思います。映画、建築物、美術、流行などフランスという国を自分の興味のあるジャンルからアプ ローチすることができると思います。フランスという国やフランス語に「やりがい」を見つけてください。皆さんが残された大学生活で何か「やりがい」を見つ け、積極的に行動されることを期待します。
2004年卒
G. Yuri
SUR LE SOUTIEN À LA DÉMOCRATISATION EN AFRIQUE
-- Réflexions à partir de la politique française depuis le discours de la Baule --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p. 
卒論テーマ
アフリカにおける民主化の考察
〜ラボール宣言を初めとする民主化の潮流〜
先輩の一言
卒論について : や はりテーマを決めることが一番大事です。論文を書く機会なんてなかなかないから、こういうときにこ そ自分のやりたいことをやらなくては損!!ただそれを見つけるのはとても大変ですが。私は資料を集めつつ調べつつ書きつつ・・・とやっていたので、結局全 体が出来上がるのにかなりの時間をかけてしまいました。でも、資料さえあれば卒論は書けますのでご心配なく。とにかく早目に取り掛かるに越したことはない です。
大学生活について : 大学の4年間は長いようで本当に短い!興味のあることには今こそどんどんチャレンジして下さい。これは私 自身の反省点ですが、何についてももっと情熱を持って取り組むと良かったなと思います。情熱を持っている人と持っていない人ではその結果がまるで違う。興 味を持とうと努力することも成功の秘訣だと思います。学生生活を悔いのないように楽しんでください!!
2004年卒
M. Megumi
EFFICACITÉ ET DÉFIS DE L’ACTION HUMANITAIRE
-- Étude des actions menées par l’organisation humanitaire européenne ECHO --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p. 
卒論テーマ
人道援助とは何か?
−考察〜ECHOの人道援助を事例として〜−
先輩の一言
1・2年生はフランス語習得のため の授業が多くあり、毎日授業の予・復習や宿題で大変ですが、ここでしっかりフランス語を勉強してお けば、3・4年になってフランス語の専門書を読むのが非常に楽になります。また、フランス語に加え英語もしっかり勉強しておいたほうが良いです。いくらフ ランス語が堪能であっても、英語ができなければ、アピールポイントにはなりません。TOEIC等の資格取得を兼ねて勉強すると良いと思います。
3年になると、授業数も減り、自由な時間も増えると思いますが、3年の後期には自分の進路を決めなければなりません。この自由な時間を大いに活用して、自 分の進路探しに充てて下さい。長期の休みを利用して短期留学・ワークキャンプ・スタディツアーに参加する、インターンシップに参加する、学外のセミナー・ 勉強会に参加する、NGOの活動に参加する等、色々なところに足を運ぶことをおすすめします。こういった活動を通じて自分の進路に影響を与えてくれる人に 出会うことがあり、また、進路決定へのきっかけを得ることがあるのです。
4年は、卒業論文にも本格的に取り組み始めます。まず、卒業論文を作成して行く上で資料収集は欠かせない作業となります。なかなか良い資料が見つからず四 苦八苦するかもしれませんが、根気よく探しましょう。学内にない資料は、自分で他大学へ探しに行く、相互貸借をするなどして手に入れましょう。この作業を 念入りにすればする程良い資料がみつかります。
次に、目次を早い段階で決めると良いと思います。まだ卒業論文を書き始めてもいないのに目次を決めることは困難なように感じられるかもしれませんが、目次 を先に決めておくことで、卒業論文のヘッジをつけることができ、効率よく卒業論文を作成することができます。
毎回ゼミでは、1人1人自分の卒業論文のテーマに関するプレゼンテーションを行っていきます。ゼミにはできる限り毎回参加して、他の人のプレゼンテーショ ンをよく聞きましょう。そこから自分の卒業論文に生かせるものを多く得られると思います。また、自分がプレゼンテーションをする時には、色々準備をしなけ ればなりませんが、この作業は自分の卒業論文の方向性を再確認することができるので、時間をかけてしっかり準備を行うと良いでしょう。後で卒業論文作成が 楽になります。
最後に、これからさまざまな困難にぶつかることもあると思いますが、自分の可能性を信じ、何事にも一生懸命取り組めば、目標は必ず実現できます。どうか強 い信念を持ち、頑張って下さいね。
2004年卒
O. Mariko
L’HOMOSEXUALITÉ EN FRANCE ET AU JAPON
-- l’homosexualité au Japon confrontée à la solution française du PACS --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p. 
卒論テーマ
日本とフランスの同性愛
〜フランスのPACSから考える日本の同性愛〜
2004年卒
S. Kengo
CITOYENS EUROPÉENS ET CITOYENNETÉ EUROPÉENNE
-- La participation des ressortissants d’un pays de l’UE aux élections locales françaises --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p. 
卒論テーマ
EU市民権への市民の意識につ いて
2004年卒
T. Eri
L’ÉDUCATION DES ENFANTS D’IMMIGRÉS EN FRANCE
-- les politiques : évolutions et situation actuelle --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p. 
卒論テーマ
移民の子供たちに対する教育
〜その変革と現状〜
先輩の一言
私は以前から知りたかったことを研 究テーマにしたので、論文にまとめられたのはうれしかったです。三年の後半からじっくり取り組むの で計画をたてて研究していくと一番いいのですが、なかなか難しいです。資料が見つけられないことや、入手できないこともありました。資料を読み込んでいく につれ最初の予定と違う方向へ進んでいきました。しかし、最終的になんとかまとまります。仏語の資料は読むのが疲れますが、最新の情報を知ることが出来た りして学者気分を味わえます。また私のように提出期限前に焦らないよう、早めに進めていくことをおすすめします。
2004年卒
T. Daisuke
LE REDRESSEMENT DU CONSTRUCTEUR AUTOMOBILE NISSAN
-- Carlos Ghosn a-t-il vraiment gagné son pari ? --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p. 
卒論テーマ
日産は本当に復活したのか?
先輩の一言
卒業論文は楽しんでやってくださ い。そして自分が満足できる内容にしてください。必ず自分にプラスになると思います。私は本をたくさ ん読みました。たくさんの本から自分が拾っていったことは、たとえそれが与えられた情報だとしても、あなたの考えになると思います。なぜなら、それが大切 だと自分が感じたのですから。就職活動も大変ですけど、がんばってください。では先に社会に出てきます。
AU REVOIR!
2004年卒
Y. Arisa
LES ORGANISMES GÉNÉTIQUEMENT MODIFIÉS ET L’UNION EUROPÉENNE
-- Instauration et suppression du moratoire sur les OGM --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p. 
卒論テーマ
EUにおけるOGM
〜モラトリアム成立とその解除〜
先輩の一言
卒業論文に大切なことは主に「テー マの選択」、「資料の検索と整理」、「卒業論文の構成」の三点だと思います。 テーマは決して難し いものを選ぶのではなく、自分の興味のある分野や日本語での資料検索のしやすいものを選ぶと後で楽だと思います。 資料の検索と整理は一番時間がかかるの で、常に自分のテーマに関する新聞記事や本に興味を持って資料集めをしてください。資料が揃えば、文章構成を考え、だいたいの目次を書き出してみてくださ い。書くことは集中すれば1ヶ月くらいで完成できます。文章の構成がしっかりとまとまれば、後は心配することなくできますので、早め早めに頑張ってくださ い。
2004年卒
Y. Momoko
POUR SAUVER DE LA PAUVRETÉ LES POPULATIONS DU TIERS-MONDE
-- Regard sur l’approche d’ATTAC pour l’introduction de la taxe Tobin --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p. 
卒論テーマ
第三世界を貧困から救うには
〜ATTACのトービン税導入運動によるアプローチ〜
先輩の一言
アドバイスとまでは言えませんが、 私が卒論を作成するにあたって感じた事を伝えようと思います。
「卒論の資料集めを進めていくうちに、様々な資料に目がいってしまい、自分が本当にテーマにしようとした事が何だったのか分からなくなったり、テーマ自体 がずれそうになってしまったりする事があると思います。そのように自分の調べようとしていたテーマが何だったのか分からなくなりそうになった時は、3年の 冬の時点で先生に提出した、卒論に向けてのレポート(6枚か7枚だったかな?)を、読みかえせば、自分が卒論に向けて取り組みだした頃の最初の気持ち・考 えを再度確認できるので、テーマがずれる事無く、定めなおす事ができると思います」といった感じです。
2005年卒
A. Kenta
LA MENACE COMMUNAUTARISTE CONTRE L’IDÉAL RÉPUBLICAIN FRANÇAIS
-- La France pourra-t-elle conserver son idéal républicain ? --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ フランス共和主義に迫り来る共同体の波
〜フランスは共和主義原理を守り続けられるか〜
先輩の一言 早 め早めに進めても、ギリギリにしか終わらないのが卒論です。最後に苦しむのを避けたい人は、自分の計画の二倍の速さぐらいで進めることをお勧めします。 まぁ、マイペースに書いても、最後には何とか終わりますけどね。(めちゃくちゃ苦しみますけど、、) とにかく素早く、楽しく書くことが一番大切だということです。
みなさんがんばって、悔いの残らない卒論を書き上げましょう。
2005年卒
G. Kaori
LES NOUVEAUX PROJETS DE DÉVELOPPEMENT EN AFRIQUE
-- Réflexions sur leur efficacité à travers l’analyse de quelques projets --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ アフリカにおける新開発計画
〜計画の分析を通してその有効性を問う〜
先輩の一言 私 は3年の後期から約8ヶ月間留学していて、その間卒論に手を付けていなかったので始めるのが皆よりかなり遅くなりました。帰ってきてから大分経って卒論を 始めたのですが、最初は何から手を付けていいのか分かりませんでした。その時、卒論で自分が何を言いたいのかをとりあえず箇条書きでもいいので書き出し、 それをまとめて目次を適当にでも作るといいと教えてもらい、それをやってみました。そうしたら曖昧に自分の頭の中にあった(卒論の)流れが少しはっきり見 えてきて、準備を始めることができました。最初は大変そうで中々手が進まなかったけど、調べていくうちに、やはり元々自分に興味があったテーマだったので 楽しくなりました。途中で最初考えた目次の題を何回も変えたりしたけど、それはいいと思います。卒論を通して本やネットから色々な情報を得てすごく勉強に なりました。アドバイスと言えるような事はあまりないですが、とにかく自分がやりたいことを形にしていく事が大事だと思います!頑張って下さいっ!!
2005年卒
H. Ling Yin
L’ANTISÉMITISME EN FRANCE
-- Examiné à travers la récente série d’actes antisémites --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ フランスにおける反ユダヤ主義
〜最近に起こった反ユダヤ行為から見て〜
先輩の一言 後輩のみなさん、はじめまして。台湾から来た徐といいます。
みなさんへのメッセージを書くきっかけに、日本での生活を振り返ってみました。楽しいこともあったが、つらいこともあった。けれど、大学で友たちができ て、一緒に遊んだり、旅行しに行ったり、おいしいものを食べにいくなど、本当に楽しかった。大学の生活は勉強だけではなく、様々なことを試し、いい思い出 を作ってね!
4年生の生活は卒業論文に追われる日々だった。結論を出すまでは本当に時間がかかって、大変だった。だから、余裕を持って、色々な方法(インターネット、 図書館、雑誌ノ)を使って、資料を調べておいたほうがいいと思うよ。クーロン先生のゼミはある意味むずかしいが、すごく勉強になると思う。国際情勢や政治 に興味あるなら、ぜひとってみてね。
最後に、長いようで短い4年間ですから、勉強・友達・旅行・……など、悔いの残らない学生生活をすごしてください。
2005年卒
H. Mirae
LE PROGRAMME ERASMUS ET LA RÉFORME DE L’ENSEIGNEMENT SUPÉRIEUR FRANÇAIS
-- Vers l’harmonisation de la tradition et du globalisme --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ エラスムス計画とフランスの高等教育制度改革
〜伝統とグローバルの融合を目指して〜
先輩の一言 卒業論文について:卒業論文は、大変でした。「もう書けない」と何度も 思いましたし、「テーマを変えたい」と思ったこともあります。でも、終えてしまった今は、結構楽しい作業だったかな、と振り返っています。
卒業論文作成の個人的な反省点やアドバイスは、1.早めに取りかかる、2.資料を沢山読んでテーマを絞り込む、3.柱を立てる、4.下書きでいいから早め に書き始める、です。一年半は長いようで短く、他の用事もあり思うように進まないこともあるので早めに取り組んでください。困ったり行き詰まったりした ら、先生に相談してくださいね。きっと良いアドバイスをくださるはずです。
自分の興味のある分野で、知りたいことや考えたいことを見つけて進めていけば、大変だけれど楽しめると思います。学生時代の締めくくりとして頑張ってくだ さい。
クーロンゼミについて:ゼミは日本語とフランス語が(たまにその他の言語で!)混ざり合って進みます。毎回難しい( !!)テキストを使うので、内容のみならず、フランス語の勉強になります(本当です。仏検対策になる、と思いました)。毎回の新聞記事の発表を通して、様 々な分野での時事問題を考えます。また、フランス人の視点から物事をみることにもなるのでとても興味深かったです。授業中の雰囲気もいたって和やかです よ。
2005年卒
K. Kunihiko
LE PROJET DE CONSTITUTION EUROPÉENNE
-- La naissance des États-Unis d’Europe ? --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ 欧州憲法条約
〜ヨーロッパ合衆国の誕生か〜
先輩の一言 後輩の皆さんへ
とにかく沢山文献を読んでください。でも、ただ読むのではなくて、何か問題提起をしてその答えを見つけ出すために注意深く読むといいと思います。そして読 んだ後にもう一度その本の主旨を頭の中で整理してみてください。クーロン先生をはじめいろんな先生に話を聞いてみるのもいいと思います。
卒論を書くとなると自分のテーマだけに関心を持ちがちですけど、それ以外のいろんな分野にも興味を持って本を読むなりしてみて下さい(もちろん卒論が優先 ですけど)。だから授業中での他の人の発表はいろんな知識を吸収する上でとても貴重ですからしっかり聞いて下さい。
最後に、卒業したら終わりというのではなくて、社会に出てからも自分が研究したことに関心を持ち続けるといいと思います。
それではがんばってください。
2005年卒
K. Akiko
L’UNION EUROPÉENNE ET LA DIVERSITÉ RELIGIEUSE DES PAYS EUROPÉENS
-- Le conflit à propos de la place à accorder au christianisme dans le Traité établissant une constitution pour l’Europe --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ EU統合とヨーロッパ諸国の宗教的多様性
〜欧州憲法におけるキリスト教の扱いに付随した対立〜
先輩の一言 卒論のテーマ選びの時期に、話題になっていた欧州憲法に注目し、「EU 統合とヨーロッパ諸国の宗教的多様性 〜欧州憲法におけるキリスト教の扱いに付随した対立〜」という題で卒論を書きました。
私の卒論作成での反省は、情報収集しすぎたことです。テーマを決めても、付随して疑問は湧いてきます。私の場合は、インターネットを使って、EUからヨー ロッパの歴史、宗教関係について、あらゆる立場の意見を調べようとしました。
また愛知県図書館、名古屋市立の鶴舞図書館は蔵書が多く、資料も新しいので南山の図書館よりもお薦めです。
4年生になってからは多くの資料を集めることよりもいくつかの主となる資料に絞り、自分自身が疑問に思うことを煮詰めていけば良かったと思います。
就職活動等との両立で忙しくなりますが、ゼミは出来る限り出席して下さい。他のゼミに比べ、クーロンゼミは学生の自主性を尊重しています。同じゼミの子の 研究内容を聴くことは励みになるし、視野が広がります。
2005年卒
M. Emi
L’INTÉGRATION DES IMMIGRÉS ARABES EN FRANCE
-- Réflexions sur les immigrés de la prochaine génération à travers l’histoire de l’intégration des Maghrébins --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ フランスにおけるアラブ系移民の同化
〜マグレブ移民のフランス社会への同化の軌跡から次世代移民を考える〜
先輩の一言 私 が卒業論文制作にあたって悩んだことは、テーマ選びです。自分の興味のあることを研究テーマにしないと書き続けられない、なるべく資料が見つけやすいテー マがいい、だけど資料が多すぎても整理に時間がかかってしまう、人と違うテーマを見つけなくては・・・などと色々考えた結果、一度3年次に論文のテーマを 決めたのですが、結局そのテーマは論文を書くだけの資料がないことと、あまりそのテーマに面白みを見出せなかったことから4年次に変更をしました。結局現 在は、純粋に自分が以前から研究したいと思っていたテーマを選んでいます。そして今思うことは、何をテーマに選ぶかももちろん大切ではあるけれども、選ん だテーマから何に興味を感じてどんなことについて知りたいのかを見極めることが大切なことだと思います。そのためには、普段からなるべく様々な情報に注意 し、テーマが決まった後は、いろんな媒体を使ってそれに触れていくことが必要なのではないかと考えます。それができたら、きっと自分らしい納得のいく卒業 論文が書けるのではないかと思います。
2005年卒
N. Takako
LA CANICULE DE L’ÉTÉ 2003 EN FRANCE
-- La réalité sociale française mise à nu --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ 2003年夏、フランスにおける猛暑
〜猛暑から見えたもの〜
先輩の一言 卒論を制作するにあたって大事だなと感じたこと
㈰とにかく色々な文献を読み、そして考えること→この作業によって私はひとつの問題でも色々な方面から見ることの大切さを感じました。答えは一つだけでは ありません。最終的に結論を出すのは自分自身ですが、それまでに深く思考することが重要だと思います。
㈪とにかく文を書いてみること→㈰で色々な文献をと言いましたが、ただ文献を読んでいるだけではだめだと思います。自分で表現していくことで自分の考えが 組み立てられていくと思うからです。私は「書いて、読んで、考えて」を 何度も繰り返しました。
㈫論文を楽しくやること→論文制作はかなりのエネルギーが長期間求められます。だからこそ「知りたい」という好奇心や興味を持つことがとても必要になって くると思います。「やらなければ・・」ではなく「知りたい!」という気持ちでいけば、論文は楽しく乗り越えることができると思います。
論文が完成したときは本当にとても嬉しいです。がんばってください!!
2005年卒
Y. Saeko
L’AVENIR DU MOUVEMENT SOUVERAINISTE AU QUÉBEC
-- Regard sur le rôle du Parti Québécois dans la société québécoise --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ ケベック独立運動のゆくえ
〜ケベック社会におけるケベック党の役割〜
先輩の一言 これから1年間、論文の完 成に向けて、現在の計画がさらに絞られていくことになると思います。
途中、どこまで書けばいいのか、とか自分の本当に書きたいことは何なのか、と迷うことがあるかもしれません。そんな時は一度客観的に自分の選択したテーマ を見なおしてみるのもいいかもしれません。完成までは確かに大変だと思います。でも今後の人生において、興味のあるテーマをここまで追求することはもう二 度とないかもしれません。だから、楽しんでみてください。
せっかく2年間かけて完成させるテーマです。提出したらそれでおしまい、というのではなく卒業後も頭のほんの片隅にいれておいて、いつまでも興味を持ちつ づけられるものになるよう応援しています。
2005年卒
Y. Yuko
IDENTITÉ ET INTÉRÊT DES JEUNES POUR LA RELIGION
-- Réflexions sur le futur de la religion à travers les Journées Mondiales de la Jeunesse --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ 若者の宗教への関心とアイデンティティーの関係
〜JMJ(世界青年の日)から宗教の未来を問う〜
先輩の一言
クーロン先生のゼミでは、三年の夏には卒論のテーマを決めて、早い時 期から課題に取り組んできたので、就職活動で忙しい時期を挟みながらもなんとか完成させることができたのではないかと思います。私は、珍しいテーマで、取 り扱っている書籍などがなかなか見つからなかったため、インターネットをフルに活用して他の大学の教授が書かれた論文や、関連のある団体の出している文章 などを参考にしました。書いている途中で、何回も方向がずれてきてしまったりもしましたが、そういう時は気分転換をして、もう一度最初から読み直すことを しました。時間があれば、もっともっと深く研究を進めたかったと思います。
後輩の皆さんも大学生活を締めくくる大切な卒論ですので、一生懸命取り組んでください☆
2006年卒
I. Fumiko
L’UNIFICATION DE L’EUROPE ET L’AXE FRANCO-ALLEMAND
-- Rôle et avenir de l’axe franco-allemand dans l’élargissement de l’Union européenne --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ ヨーロッパ統合と独仏枢軸
〜果たしてきた役割と拡大に伴う今後のゆくえ〜

先輩の一言 後輩のみなさんへ。
テーマを決めてからは何よりもまずプランを立てることが重要です。そのためには資料収集が必要ですので、多くの文献を読み、取捨選択を早めにしておかない となかなか出口が見えてきません。大枠が完成すれば執筆そのものはそれほど大変ではないと思います。また、このゼミで一番苦労するのがフラ語要約かもしれ ません。大抵の人が本文完成前に提出するようになるので、余裕をもって研究を進め、大まかな結論をまとめておかないと学生最後の冬休みが大変なことになり ます。留学した人にとっても、話すことと書くことは異なるので簡単なことではありません。専門用語も必要になるのでフランス語の文献もそれなりに読んで慣 れておいたほうがいいと思います。
私自身、書き出したのは11月下旬で、年末に要約作成に時間をとられ本文が進められないという苦しみを味わいました。締め切りにも追われるので精神的な辛 さも大きいです。とはいえ、卒論は大学生のシンボルのようなものですし、完成した時の達成感は何物にも変えられませんので最後の大仕事だと思って頑張って ください!
2006年卒
O. Sayo
LA FRANCE CONFRONTÉE À SON PASSÉ COLONIAL ET À SA CONSCIENCE COLONIALE
-- Étude du cas algérien : les 132 ans de domination et les relations après l’indépendance --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ フランスが考える植民地時代
〜132年の支配下にあったアルジェリアと独立後のアルジェリア〜

先輩の一言 卒論作成に当たって、まず はある程度の卒論の構成を決めて取り掛かると後から楽です。おおまかに、第一章の I、II などとできるだけ決めておくと卒論全体が見えてくるので、それぞれをさらに細かく調べていけば、卒論は完成していきます。
また、書いてみたものを一度印刷してみて手にとってチェックをすると、パソコンの画面で見ているよりも、間違いや文章のおかしさに気づいたのでお勧めで す。
フランス語の文献は、Le Mondeなどのホームページで記事検索ができるので利用すると良いでしょう。
卒論に関するプレゼンテーションの際には、クーロン先生がすごく親切に指導してくださり、またこういうものを調べていったら良いのでは?などと今後の卒論 作成に役立つアドバイスをくださるのでそれを元に研究を進めていくと良いです。
反省点としては、後半が追い込まれて大変だったのでもう少し時間があるときにやっておけば・・・と思っています。特にフランス語の文献は早い時期に読んで おけばよかったと思います。
これから卒論を作成されるみなさん、時間を有意義に使って研究の成果を卒論にしてください。
2006年卒
Y. Yûsuke
POUR OU CONTRE LA RÉVISION DE L’ARTICLE 9 DE LA CONSTITUTION JAPONAISE ?
-- Genèse du problème et examen critique des différentes thèses en présence --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ 日本国憲法9条改正の是非を問う
先輩の一言 卒 業論文を書くに当たって大切なことは、興味のあるテーマを選ぶことだと思います。1年以上の間1つのテーマを研究することになるので、テーマ選びは重要で す。あとは、たくさん本を読んで、集めたデータを基に論理的に文章を構成していくだけです。卒業論文の作成を通して、資料の収集方法、論理的な考え方、文 章の書き方など多くのことを学ぶことができます。大学生活の集大成である卒業論文、大いに楽しみましょう。
2006年卒
Y. Saori
LA QUESTION DE L’ÉLARGISSEMENT DE L’UNION EUROPÉENNE
-- Examinée à travers le cas de la demande d’adhésion de la Turquie --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ EU拡大問題
〜トルコのEU加盟を探る〜

先輩の一言 後輩の皆さんへ。
私の卒業研究のテーマは「EUの加盟問題、トルコの加盟」でした。私が研究したテーマについての著書や論文は比較的多かったので研究がスムーズに進みまし た。研究のテーマを決めるにあたって、まず研究するための資料、材料がたくさんあるものをお勧めします。そしてテーマを決定したら、次はそれに関連する 本、または論文をとにかくたくさん読む。そのためには、早めに卒論に取り掛からなくてはいけません。就活も大変だとは思いますが、計画的に進めてくださ い。大学4年間の集大成とも言える卒業論文です。心残りのないように仕上げてください。ゼミではクラスメイトの研究内容も聞け、国際的な知識を身に付ける ことができました。それでは、皆さん頑張ってください。応援しています。
2006年卒
K. Kayo
L’INSTAURATION DE LA LOI SUR LA LAÏCITÉ À L’ÉCOLE
-- La clarification des rapports entre la laïcité à l’école et la liberté religieuse --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ 宗教的標章法の制定
〜学校のライシテと信仰の自由の解明〜

先輩の一言 私 は3年の後期から1年ほどフランスに留学していて、本格的に卒論に取り掛かったのは帰国後でした。出発前に決めていたテーマも、フランスで資料を探しても あまり見つからず、帰国後にテーマを変えて再出発したので、時間がほんとなくてすごくあせりました。そんな私がアドバイスといってもそんなこと言える立場 じゃないと思いますが、早い時期から新聞を読んだりしてさまざまな情報を知っておくことが大事だと思います。そして、できるだけ多くの資料を読むなど、 やっぱり時間があればあるほど自分のこだわる部分もとことんこだわって納得した卒論が書けると思うので、早め早めに卒論を進めていくといいと思います。
あともう1つ、卒論も大学生活の集大成としてとても大事だと思いますが、留学することもすごくおすすめです。私自身がフランスに留学したことで、フランス 語の上達はもちろん、たくさんの新しい経験の中で人間的に大きく成長できたと思います。すごく勇気がいることだったけど、私は行ってよかったってほんと思 います。
2006年卒
M. Yukiko
REPORTERS SANS FRONTIÈRES ET LA LIBERTÉ DE LA PRESSE
-- Quelle place pour RSF dans le monde en tant qu’ONG de défense de la liberté de la presse ? --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ Reporters sans frontières (国境なき記者団)と報道の自由について
〜国境なき記者団は報道の自由を守る国際的NGOとして世界でどのように存在を確立していくことができるだろうか〜

先輩の一言
三年生のみなさんへ
卒論を書くときに一番苦労したことは、どうやって自分の言葉で書くかでした。私のテーマは団体なのですが、その団体のホームページを読んでそれを書くだけ ならば、じゃあホームページを見ればいいということになってしまいます。
おそらくみなさんは、自分のテーマに関する資料を多く持っており、それらの資料や論文を読み、卒論を書くときに文章をそこから借りてくることが多くなると 思います。しかしそれでは問題提起も結論も全て人の述べていることになってしまい、自分の意見が入る余地がなくなっていませんでしょうか。
新しい意見を打ち出すということではなく、自分の考えを言葉で表すことが大切で、他人の意見を自分の言葉で言い換えるだけで、それは自分の意見になると思 います。
幸いにも私は資料自体が極めて少なく、それゆえに考えて書くということができたと思います。
クーロン先生はゼミで発表の機会を設けてくれています。それは、難しい研究テーマについてみんなで考え、アイデアを出し合い、自分たちの卒論を書くために とても必要なことだと思います。ですからこれに真剣に取り組み、自分の卒論を作り上げていって欲しいと思います。
2006年卒
T. Akina
LE TRAITÉ DE NON-PROLIFÉRATION NUCLÉAIRE (TNP) ET LE TERRORISME
-- Le système du TNP permet-il de faire face à la nouvelle menace terroriste ? --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ NPT(核不拡散条約)と新たな脅威テロリズム
〜NPT体制はテロリズムに対抗出来るのか〜

先輩の一言 <テーマ決め> テーマを何にするかは、作成そのものと同じくらい重要になります。ここで気をつけることはこの2点。
1. 興味のあることにする
当然のことではありますが、約1年間付き合うことになる卒論ですから、つまらないことをやるのは苦痛ですし、まず何よりやっていて興味を持てる、自分が面 白いと思えることが大切です。
2. ピンポイントにする
このことは先生からも伝えられると思いますが、広いテーマを調べることは困難ですし、広く浅い内容よりも、狭くて深い内容の方が充実したものになるので、 テーマを出来る限り絞ることが大切です。
<作成>
1. 資料を探す
図書館に行っても、必要な資料を見つけるのは意外と難しいことがあります。図書館の講座を受けても、実際に探す時にはあまり覚えていないことも多いでしょ う。そんな時は、苦労して探すよりも、まずレファレンスカウンターで相談するのがいいと思います。欲しい資料のある場所、そして探し方など、丁寧に教えて くれるので、助けになると思います。
2. 流れを決める
たくさんの資料を基に、ひたすら長い文章を書いていると、言いたいことがまとまらなくなってしまう可能性があります。ですから、まずテーマにそったおおま かな流れを決めて、常にそれを念頭に置きながら進めるといいと思います。
以上、アドバイスという程のものではありませんが、少しでも参考になれば幸いです。卒論は、きっとほとんどの人にとって今までで一番深く一つのことについ て学ぶ機会になると思いますが、何かについて深く知ることが出来るのは楽しいと思いますし、それが自分の興味があることならなおさらです。学生生活の終わ りに多くの時間を費やすものなので、自分の興味のあることを、楽しんで書いてください☆
2006年卒
T. Rie
LES CHANGEMENTS DANS LES RELATIONS ENTRE LA FRANCE ET L’ALLEMAGNE
-- Une approche historique de l’axe franco-allemand --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ 対立から協力への独仏関係の変化
〜歴史的観点から〜

先輩の一言 卒 論は、早めに取り組めば取り組むほど良いと思います。クーロン先生のゼミでは、かなり早い時期にテーマを決めるのですが、私が実際に卒論に取り掛かるのは 遅い時期になってしまい、締め切り前には苦労しました。卒論は、いったん取り組み始めてから、なかなか思ったようには進まないものです。しかし、3年生の 頃から定期的にゼミで行ったプレゼンのおかげで、卒論テーマに対する意識は常にありましたし、テーマに関する知識もある程度はあったので、助かりました。 プレゼンのために自分で作成したレジュメは、卒論を実際に作成する際にもかなり役立ちました。
卒論は確かに大変ですが、調べていけば調べていくほど、研究の楽しさも実感できると思います。そして、行きづまったときはぜひクーロン先生に相談してみて ください。必ず良いアドバイスがもらえると思います!
2006年卒
T. Mayuko
L’ANTI-AMÉRICANISME EN FRANCE
-- Pourquoi la France s'est opposée à la guerre en Irak --
résumé en
JP
FR
lisez-le
1 p.
 
卒論テーマ フランスにおけるアンチアメリカニズム
〜なぜフランスはイラク戦争に反対したのか〜

先輩の一言
卒 論のテーマは決まっても、何をどうやって書いていけばいいのか戸惑うことがあるかもしれませんが、たくさん資料や文献を読むことで方向性がつかめるのでは ないかと思います。そのために早く卒論に取り掛かり、資料を集め、じっくりとそれを読み、考えを深めることが大切だと思います。また、考えたことは小さな ことでもメモに残して、自分の考えた軌跡をたくさん残しておくこともおすすめです。卒論を書き始めるときにはそのようなメモが手がかりとなって役立つと思 います。
長い時間をかけて仕上げるテーマですので、好奇心を持って取り組むことや、新しい情報を得て議論を深めていくことを楽しむことが大切だと思います。がん ばってください。